型抜き印刷所 ミスタートムソン

ブログ

2016.11.11/型抜き加工

型抜き加工の種類と特徴

Hello,型抜き印刷所ミスタートムソンです。
 
型抜き印刷の型抜き加工にはいくつかの方法があり、形・紙の厚さ・数量などによって適した方法が用いられます。
さまざまな型抜き加工の種類と特徴をご説明します。
 


 

トムソン抜き

ペラ物(1枚物)の型抜きに適していて、型抜きと同時に折スジ・ミシン目を入れることができる代表的な型抜き加工方法です。
型抜き加工全般を指して「トムソン加工」と呼ばれることがありますが、正確には「トムソン型」と呼ばれる「木板に溝を掘りその溝に刃(トムソン刃)を埋め込んだ抜き型」を用いて、平盤打抜き機で紙を一枚ずつ自動で型抜きする方法を指します。
トムソン型は金型に比べて低コストかつ短納期で、形状の自由度が高いことから幅広く用いられます。
名称の由来は、米国のジョン・S・トムソン氏が設立した「トムソン社」製造の自動平盤打抜き機からで、それがポピュラーになったことから普通名称化しました(当サイト名の由来でもあります)。

 

ビク抜き

トムソン型と同じく木型を用いる型抜き加工方法ですが、手差しで一枚ずつ紙を入れる型抜き加工方法です。
名称の由来は、ドイツのシュナイダー社製造の「ビクトリア型印刷機」からで、この活版印刷機を打抜き機に改造して型抜きに用いた名残りから、手動式での型抜き加工を総称してこう呼ぶようになりました。
手動のため生産性は低くなりますが 用紙が幅広く小ロットに適しています。

 

ブッシュ抜き

ページ物(冊子物)の型抜きに適していて、本・メモ帳・付箋などを製本した後に型抜きすることができます。
トランプ・トレーディングカードなど重ねた紙をいっぺんに型抜き、ボール紙などの超厚口の紙の型抜きにも用いられます。
大量ロットの型抜きに適していますが、細かい形状には不向きです。
耐久性に優れた鋼型を用いるため、型代が高価になります。

 

ポンス抜き

ブッシュ抜きと同じく重ねた紙をいっぺんに型抜きすることができます。
重ねた紙の上にクッキーの型のような抜き型を置き、上から圧力をかけて型抜きします。
ブッシュ抜きと比べて型代が安価で大きいサイズを型抜きできますが、手動のため作業効率に劣りズレが生じやすくなります。

 

レーザーカット

最も細かい形状を型抜きをすることができます。
文字やレース模様のような複雑で微細なカットできて、抜き型が不要なため型代がかからないことがメリットです。
レーザーで焼き切るため切断面が焦げることと、一枚ずつ輪郭をレーザーでなぞってカットするため作業時間が大幅にかかり、単価が高くなることがデメリットです。

 

プロッターカット

カッター刃を用いるカッティングプロッターによる型抜き加工方法で、型代が不要なためサンプル作成に適しています。
切断面にバリ・めくれが生じやすく、細かい形状には不向きです。

 


 
型抜き印刷のことなら【型抜き印刷所ミスタートムソン】トムソン加工の印刷所